自然大好き・・・・・還暦からの山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS △ 【 根子岳 & 四阿山 】

<<   作成日時 : 2011/08/24 18:45   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

平成23年8月20日(土) 終日 小雨模様

今年の8月は、昨年にもまして暑い夏、連日連夜の猛暑と熱帯夜であった。
昨日から遥か北にあった前線の南下に伴い、低気圧が接近、全国的に雨模様に変わり凌ぎ易い雨中の山行となった。

今月の山は、長野新幹線上田駅から菅平牧場登山口へ、花の百名山と言われる 「根子岳」 から日本百名山で山岳信仰の山 「四阿山」 である。

画像
                          [ 根子岳 四阿山 案内標識 ]

根子岳(2207m)  
四阿山(2354m)

現地行動計画

 09:30 菅平牧場登山口(1600m)     登り  17P    2.5K   2時間
 11:30 根子岳山頂(2207m)        稜線  16P   2.0K   2時間
 13:30 四阿山山頂(2354m)         下り   27P   4.5K   3時間半
 17:00 菅平牧場登山口(1600m)  
       
       合  計                    60P   9.0Km   7時間30分

       登り標高差 754m       下り標高差 754m

9:55 菅平牧場管理事務所登山口(1600m)

長野新幹線上田駅に着くと、天気予報通りの小雨であった。
駅前から、3台のタクシーに分乗、菅平高原・菅平(ダボス)牧場管理事務所へ向かう、途中牧場管理費徴収所で一人200円を支払、突き当り牧場管理事務所・売店・トイレ・駐車場等が設置されたところが登山口であった。

冷たい小雨が降りしきり、残念ながら、空は低い雲に一面覆われ終日降雨が予想され、全員完全雨具着用のスタートとなった。
管理事務所前を直進すれば「根子岳」への登山道、右折すれば、小四阿から中四阿を経て「四阿山」への登山道となる。

今日のコースは、登山口から菅平牧場を突き抜け根子岳山頂へ、同山頂から一旦クマザサが美しい鞍部十ヶ原へ下った後、四阿山山頂へ再度登り返し、下山は中四阿から小四阿を一気に下り、菅平牧場管理事務所登山口へ戻る周回コースである。

画像
                  [ 管理事務所を左に見て 牧場脇の登山道を直進 ]

登り始めは牧場の脇から緩やかな山道を登り、晴れていれば背後のダボススキー場の先には、北アルプスの山並みが望める筈であったが本日の雨では叶わず 、でも、足元には、流石、花の百名山と言われる根子岳への登山道、登山道両側には、「マツムシソウ」「ツリガネニンジン」「マルバダケブキ」「タムラソウ」「ヤナギラン」などなど、多くの高山植物の花々が、そぼふる雨の中美しく咲き誇っていた。

画像
                               [ マツムシソウ ]
画像
                               [ ツリガネニンジン ]
画像
                         [ マルバダケブキ ]
画像
                               [ タムラソウ ]
画像
                               [ ヤナギラン ]

10:20 標高1700m地点

相変わらず牧場の中の道を、根子岳山頂を目指しゆっくり進む、周りの景色を楽しむ事が出来ず、只管、足元の瑞々しい山野草の花々の名前を確認しながら進む楽しい登山道であった。

画像
                         [ なだらかな登山道 ]
画像
                         [ この先はダケカンバの林 ]
画像
                         [ 四阿山 根子岳 案内図 ]

ほぼ真っすぐな登山道は熊笹とダケカンバの樹林帯、視界は利かず岩が多くなり、やがて森林限界に出ると山頂まであと 0.5キロの標識、山頂まであと一息だ。
ダケカンバとクマザサの樹林帯の登山道にも、「ハクサンフーロ」「アキノキリンソウ」「マツヨイグサ」「オヤマボクチ」「ウメバチソウ」等が、次から次に現れ雨の登山であることを忘れるような楽しさであった。

画像
                           [ 雨のダケカンバの樹林帯 ]
画像
                          [ ハクサンフーロ]
画像
                          [ アキノキリンソウ ]
画像
                          [ マツヨイグサ ]
画像
                          [ オヤマボクチ ]
画像
                               [ ウメバチソウ ]
画像
                           [ 山頂まであと 0.5キロ ]

12:00 根子岳 山頂(2207m)

晴れていれば山頂から、北側には妙高山から飯綱山方面、東側には志賀高原から白根山系、西側には北アルプスの山並みが、南側にはこれから登る四阿山、360度の素晴らしい展望が広がる山頂である。

さほど広くはない根子岳山頂広場には、小さな祠と可愛い鐘、積み重ねられたケルン、地面に作られた方位盤などがあったが山座同定も叶わないのが何とも残念。

雨は多少小降りとなってはいたが、相変わらず低い雲が一面に広がり周りの眺望は残念ながら全く見えず!!!
休憩時間もそこそこに、岩だらけの痩せ尾根を経て眼下に広がる美しいクマザサの十ヶ原まで200m程下る。

画像
                           [ 根子岳 山頂 祠 ]
画像
                           [ 周りは一面雲 鐘の音は? ]
画像
                        [ 地面に直接設置された方位盤 ]

12:50 根子岳と四阿山の鞍部 十ヶ原(2050m)

根子岳を後に、右側が大きく切れ落ちた痩せ尾根を慎重に下ってゆくと、大きな板状の岸壁が現れ、岩壁の僅かな隙間に「ダイモンジソウ」がひっそりと咲いていた。
ここを通り抜け、山頂に続く噴火口跡と思われる大きな巨岩の間を抜けるが、晴れていれば、ここからの眺望は、左手に志賀高原方面、右手には北アルプス方面、真正面にはこれから登り返す大きな四阿山の姿が素晴らしい絶景であろう。

この岩っぽい稜線にも、眺望がだめならと、雨に濡れた「マツムシソウ」「イブキジャコウソウ」「アキノキリンソウ」「ハナイカリ」等の可愛い花々が次々に現れ、鬱陶しい雨の登山から癒された。

画像
                       [ 大きく切れ落ちた雨の痩せ尾根 ]
画像
                        [ 板状岩壁の隙間にダイモンジソウ ]
画像
                         [ 噴火口跡の巨大な岩塊 ]
画像
                          [ 岩の先は四阿山か?]
画像
                          [ 一際綺麗なマツムシソウ ]
画像
                          [ イブキジャコウソウか? ]
画像
                          [ アキノキリンソウ]
画像
                          [ とても清楚なハナイカリ ]

稜線の眼下には、根子岳と四阿山の鞍部、視界が広がる一面美しいクマザサに覆われた十ヶ原、登山道正面に四阿山、後ろを振り返れば根子岳の優美な姿が見える筈、今日の雨ではこの眺望も無理。

画像
                           [ 美しいクマザサの十ヶ原 ]
画像
                           [ 雲の先に四阿山の筈 ]
画像
                           [ 振り返ると根子岳が ]

14:10 四阿山 山頂(2354m)

十ヶ原の鞍部から、最初は緩やかに登るがすぐに急登道に変わり、シラビソの樹林帯を高度を上げて行くと登山道は雨水で泥んこ状態、滑りやすく登るよりも、むしろ下りの方が大変なのでは。
樹林帯を抜け潅木とハイマツの道を緩やかに登って行くと、やがて広いガレ場になり中四阿への分岐点、下山はこのコースを辿り周回下山する分岐点である。

ガレ場を進み鳥居峠からの登山道との分岐点を抜け、高山植物保護のため作られた木段を登りきると四阿山山頂であった。

山頂には二つの祠があり、最初の祠は長野県側 奥の祠は群馬県側 にそれぞれひっそりと鎮座していた。

画像
                          [ 雨の針葉樹林帯 ]
画像
                           [ 山頂直下の木段 ]
画像
                           [ 長野県側 祠 ]
画像
                           [ 長野 群馬 県境に石祠 ]
画像
                           [ 群馬県側 祠 ]

本来であれば、展望良好なる四阿山山頂でゆっくり休憩となるところであるが、冷たい雨の山頂では眺望は利かず、手袋が欲しいほどの冷たさ、二つの祠を見て早々に下山にかかる。
山頂から木段を降り切ったところの分岐点で、道路標識 「中尾根・小四阿経由 菅平」 方面へ進む。

画像
                          [ 中四阿から菅平方面へ ]

15:00 中四阿(2090m)

四阿山山頂から岩の小高い中四阿への稜線歩きは、低い雲で眺望は叶わず引き続き登山道に咲く「オヤマリンドウ」「トモエシオガマ」「トリカブト」等のお花畑の感じであった。

画像
                               [ 中四阿 ]
画像
                               [ 岩の中四阿 ]
画像
                            [ オヤマリンドウ ]
画像
                            [ トモエシオガマ ]
画像
                           [ 一面 お花畑 ]

16:40 菅平牧場管理事務所(1600m)

中四阿から穏やかな斜面をゆっくり下り、ダケカンバの樹林帯に入るとやがて涼やかな沢音が聞こえ、朽ちた木橋を渡り暫くすると菅平牧場の柵が現れ靄の中に牛がのんびり草を食んでいた。
登山口を抜けて車道を右手に100m位進むと菅平牧場駐車場に到着。
本日最後のお花として、牧場脇の登山道に鮮やかなキキョウが咲いていた。

まずは、泥んこだらけのスパッツと雨具を脱ぎ、泥にまみれた登山靴を洗い帰路の準備完了である。

画像
                          [ 色鮮やかなキキョウ ]
画像
                          [ 小雨に煙る菅平牧場 ]

2004年9月8日(水)快晴時、全く同じコースを歩いたが高山植物の花は時期遅く「マツムシソウ」だけだった記憶であるが、登山道途中からの景観、山頂からの眺望は素晴らしかった。

それに比較して、本日の山行は眺望こそ恵まれなかったが、流石、 「花の百名山 根子岳」 と言われる数々のお花を堪能することができ、夏山最後の山歩きを存分に楽しむことができた。

画像
                      [ 2004年 四阿山山頂から根子岳の眺望 ]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今回もボーイと同行でき素晴らしい花の山を堪能できました。小雨のため展望はダメだったけど花は本当に良かったですね。7年前の9月に同じコースでご一緒した時よりもマツムシソウをはじめ花が最高でした。思い出せば7年前には代表的な山だけでも、四阿山だけでなく尾瀬、甘利山、金峰山、白馬、苗場山、そして10月にはあの嵐の上州武尊山など今考えても魅力的な山に登っていますね。まだ山初心者だった我々が一気に山に魅かれていったのもわかる懐かしい時期でしたね。
yamachann
2011/08/25 09:35
お天気には恵まれなかったようですが瑞々しい沢山の高山植物に出会えましたね。
この時期の山はウメバチソウやアキノキリンソウ、マツムシソウなどに彩られますがマツムシソウは特に好きな花です。この花が咲くと高原は秋ですね。
クマザザの十ケ原を歩くのは気持ちがよさそうです。
だいぶ昔に行ったきりなので殆ど忘れています。
ミニミニ放送局
2011/08/25 20:11
yamachann様
こんばんは 早速のコメント有難うございました。
先日は雨の山行、お互いにお疲れ様でした。
それにしても、珍しいほどの素晴らしいお花に恵まれましたね。
貴兄の仰る通り、7年前山歩きど素人の二人が、今でも記憶に残る山々を良く歩きましたね。
その間、貴兄を始め良きメンバーの皆様に恵まれ、自分自身の健康も維持でき感謝しています。 今後ともよろしくお願いします。
葦原ボーイ
2011/08/25 22:03
ミニミニ放送局 様
こんばんは 漸く朝夕凌ぎ易い季節となりました。
私も7年前、根子岳で初めて「マツムシソウ」を見て、それ以来、淡い色合い、容姿が大好きなお花となりました。
前回登った時は、それ以外のお花が殆どなく、これで花の百名山かと思った記憶ですが、今回はまさに花の百名山を実感した次第です。
葦原ボーイ
2011/08/25 22:11
なんて美しい、ツリガネニンジンでしょう!
中のベルまで見え、輝く水滴が又美しさをアップしています。

私は、冬の四阿山しか登っていないので、あの雪原が、お花畑なんだな、と想像します。Yamachannもご一緒で羨ましいです。
たんぽぽの花
2011/08/26 18:12
たんぽぽの花 さま
コメントありがとうございます。
昨夜は、横浜方面も凄まじい程の雨だったようですね。
冬の四阿山もきっと素晴らしい眺望でしょう、山頂から真っ白に雪を頂いた、浅間山から妙高方面、北アルプスや南アルプスの山々など、360度の大展望を見てみたいものと思います。
お陰様でyamachannと久し振りで楽しく歩きましたよ!!!
葦原ボーイ
2011/08/27 09:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
△ 【 根子岳 & 四阿山 】 自然大好き・・・・・還暦からの山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる