自然大好き・・・・・還暦からの山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS △ 【 矢倉岳 】         

<<   作成日時 : 2011/02/24 12:41   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

平成23年2月19日(土) 天気予報に反し 終日曇り空

平成15年4月9日初めて参加した朝日カルチャー教室中高年の山歩き、早いもので8年が経ち今月の「矢倉岳」で78回目となった。

山頂はお椀を伏せたような丸い草山、富士山を始め箱根の山々から丹沢山塊まで展望が素晴らしい山らしい。
下山の一般的コースは、矢倉岳山頂から山伏平の分岐を経て足柄万葉公園さらに足柄峠を経て地蔵堂へ下山するコースらしい。
今回のコースは、ガイドブックにはあまり紹介されていない、山伏平から「二十一世紀の森」を抜け「洒水の滝」から山北駅までの結構長い下山コースを辿る予定である。

天気予報では、終日快晴の予報であったが、電車が御殿場線に入るや曇り空に変わり、終日曇り空の山行となり楽しみにしていた、真っ白な雪を頂いた霊峰富士山は残念ながら望めずじまいであった。

画像
                           [ 街角の可愛い道祖神 ]

矢倉岳 870m

登り標高差 620m  下り標高差 670m

現地行動計画

 10:40 矢倉沢バス停          登り   18P   2.5K    2時間30分
 13:00 矢倉岳               下り   11P   3.0K     1時間
 14:00 二十一世紀の森         下り    19P   4.5K    2時間
 16:00 洒水の滝             山麓    14P   4.0K    1時間30分
 17:30 山北駅              
      
       合   計                   62P   14.0K    7時間

10:40 矢倉沢バス停

JR国府津駅で御殿場線に乗り換え松田駅で下車、新松田駅前から地蔵堂行きのバスに乗車、矢倉沢へ向かう途中、「さくら祭り」の幟が立ち、山の斜面一面に河津桜がピンクに染まり、大勢の観光客が桜祭りを楽しんでいた。

矢倉沢BSで下車、バス停から2分ほどで新しい公民館と観光案内板が設置された広場の先には、これから登る「矢倉岳」の丸い山頂を望むことができた。

画像
                            [左奥の丸い頂が矢倉岳 ]
画像
                            [ 南足柄市観光案内 ]

バス停からコンクリート舗装の道を進むと、正面民家の壁面に「←矢倉岳ハイキングコース」の表示に驚かされた。
間もなく白山神社の鳥居が現れ、コンクリートの農道を進むと明るく開けた茶畑に出る。
やがて本格的な登山道に変わり、すっかり葉を落とした植林内をジグザグに高度をあげる。

画像
                         [ 民家の壁にコース標識が ]
画像
                           [ 明るく開けた茶畑 ]
画像
                           [ 本格的な登山道 ]

12:30 矢倉岳山頂(870m)

茶畑を過ぎ植林を抜けると、左手樹林越しに箱根明神ヶ岳からの美しい長い裾野が見え隠れする。
すっかり葉を落とした明るい雑木林をひと登りすると、お椀をかぶせたように見えた明るい草原の矢倉岳山頂であった。
山頂は開けた草原で、櫓のような質素な展望台と、祠と石塔が目についた。
山頂からの眺望は、南に明神ヶ岳・神山・金時山など箱根の山並みが見えたが、残念ながら霊峰富士山は雲の中で見ることが叶わず。

晴れていれば、山頂から360度の素晴らしい眺望が楽しめたのではと・・・・・・残念無念!!!

画像
                           [ 樹林越しに明神ヶ岳 ]
画像
                            [ 明るい雑木林を一登り ]
画像
                            [ 山頂展望台 ]
画像
                            [ 歴史を感じる祠&石塔 ]
画像
                              [ 明神ヶ岳 ]
画像
                            [ 箱根 金時山 ]

山頂には、土曜日ということもあって数組のハイカーが夫々食事をしながら休憩しており、われわれも曇り空の肌寒い山頂で昼食休憩した後、北斜面の下山道を山伏平を目指す。
山頂からの階段道は、先日降った雪の為かぬかるみ足元が極めて悪い、滑らぬようこけぬよう一歩一歩慎重に下る。

画像
                          [ 泥んこの下山道 ]
画像
                            [ 眼下に御殿場方面 ]

13:00 山伏平 分岐(700m)

山頂直下の急登道を下り、10分ほどで 「←万葉公園・足柄峠 / 21世紀の森・洒水の滝→」 の標識が立つ、山伏平の分岐であった。
ガイドブックが紹介している矢倉岳のコースは、この分岐を万葉公園から地蔵峠へ下山するコースを紹介しているが、今日はここから21世紀の森〜洒水の滝〜最後に河村城址歴史公園を経て、山北駅へ最終下山する予定である。
山伏平から21世紀の森へのコースは歩く人が少ないようで、樹林の中の登山道には先日の雪が少し残り泥濘、途中には路肩が大きく崩れ 「崩落のため通行止め」 の標識があったり、些か緊張する下山道であった。

画像
                            [ 山伏平 分岐点 ]
画像
                            [ ぬかるむ雪解け道 ]
画像
                            [ 崩落のため通行止 ]

13:40 浜居場城址跡(600m)

樹林のなだらかな道を進むと、どちらも「21世紀の森・洒水の滝」と表示された分岐点が現れる。
左は巻道で21世紀の森へ、直進は浜居場城址跡を経由して21世紀の森へ、我々はひと登りして浜居場城址跡の標識と案内板が立つ山頂へ、ベンチが設えられてあったが、樹林に囲まれ展望は不良なんとも殺風景な城址跡であった。
城址跡から、少し日差しが通り明るくなった緩やかな樹林を下ると、神奈川県立 21世紀の森 セントラル広場に出る。明るく広い草原と東屋などが設置され、人っ子一人いない自然豊かな公園であった。


画像
                          [ 浜居場城址跡への分岐点 ]
画像
                           [ 史跡 浜居場城址跡 ]
画像
                            [ 明るい樹林をのんびり ]

14:00 21世紀の森(セントラル広場)

とても大きな公園で、「スギ採種園」「ヒノキ採種園」「クロマツ採種園」「野鳥の森」「市町村の木樹木園」「森林館」などなど、自然を楽しむ各種施設が設置された自然園であった。

白い補虫網のような網を逆さに設えて、花粉が少ないスギやヒノキの種を採種している珍しい採種園であった。
展望台らしき場所には、大きな木製の時計塔が設置され、その少し先にテレビ塔から洒水の滝への分岐点へとでた。

画像
                            [ スギ採種園 ]
画像
                            [ こうして採種 ]
画像
                           [ 展望台?時計台 ]

21世紀の森を後に、テレビ中継塔からジグザグの急坂道を下り、両側竹林のコンクリート舗装の林道をターンを繰り返しながら下ると、観漠台が設置され眼下遥か先に洒水の滝が小さく見えた。
途中開けた場所から丹沢方面の眺望が広がっていたが、生憎の曇り空では鮮明に望むことができなかった。

ただ、足元には山北の市街が広がり、その先に、国道246号線の緑色の樋口橋、さらに奥には東名高速の赤い2本の橋が綺麗に見渡せた。

画像
                           [ 観漠台から洒水の滝 ]
画像
                           [ 遥か丹沢方面 ]
画像
                     [ 国道246緑色の樋口橋・東名高速の赤い橋 ]

15:15 洒水の滝

日本の滝百選 洒水の滝 観漠台から見た姿は、あまりに遠く小さく感激はなかったが、高さ69メートルの滝は、下から見上げると迫力があり、大勢の一般観光客がいた。

画像
                         [ 日本の滝百選 洒水の滝 ]

16:00 河村城址歴史公園

洒水の滝から酒匂川を渡り、街角に可愛い道祖神や、紅梅や河津桜が民家の庭に咲く、大変長閑な山北町の市街をのんびり歩き、再度、河村城址公園への登り坂をあがりきると、山北町を一望する小高い河村城址歴史公園であった。
小奇麗に整備された城址公園で、御殿場線山北駅まで20分とのこと、一休みのあと階段を下り駅に隣接したさくらの湯で入浴、下山途中のコンクリート舗装の林道辺りから痛みだした膝を労わる。

入浴後、北山駅から国府津駅で途中下車、駅前の食堂で「地アジたたき定食」を食し、東海道線経由千葉への帰路につく。

画像
                            [ 民家の紅梅 ]
画像
                           [ 河村城址歴史公園 ]
画像
                         [ 城址跡を窺がわせる案内板 ]


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
芦原ボーイ様
今回もなかなかのハイキングコースとは云え結構厳しいコースですね!
東名高速の足柄パーキングの近くの様ですが、本格的なシーズンに向けてのトレーニングも兼て居られるようですが、今年も毎度の更新を楽しみにさせて頂きます。
流石に新機種をマスターされた様ですが、当方にもご指導の程宜しくお願い致します。
kobochan
2011/02/26 09:03
kobochan さま 
早速のお立ち寄りありがとうございます。
本当ならば、皆様に素晴らしい雪の富士山の姿をお見せしたかったのですが、残念ながら曇り空でした。
Windows7、処理スピードの速さに驚いておりますが、使い勝手がいまいち判らず色々と戸惑っております。 こちらこそ、ご指導のほどお願いします。
葦原ボーイ
2011/02/26 11:06
矢倉岳rの様子がよく分かりました。
今年、下見に行って(下見が好きですね〜〜)来年、会の山行にしたいな、などと思っております。
地図を見ると「金時山」から縦走も出来るようですね。
さて、私も自宅のマシンはまだ、旧いままですが、会社のマシンはWindows7に変えました。処理操作の速さは驚きます。
自宅の物も変えたくなりました。
noritan
2011/03/08 11:25
noritan 様
ほんと、お久しぶりです。先日の下見会、精進湖〜三方分山〜パノラマ台 新潟からの遠路遠征の甲斐がありましたね・・・・素晴らしいお天気に恵まれ、神々しい富士山を眺望でき、羨ましい限りです。
きっと、三月本番も素晴らしいお天気になることをお祈りしています!!!
会のメンバーの皆様には、大満足していただける山梨百名山を訪ねる山行になることでしょう。
Windows7に変更して2週間、確かに処理スピードが格段に速くなりました。一方、新たなリボンなどの操作方法の習得をボチボチとやっておりますが苦戦中です。
葦原ボーイ
2011/03/08 15:56
バタバタしていて今回の記事見落としていました。富士山が見えなかったのは残念でしたね。ボクは4年前に糸の会で同じコースを歩きましたがその時は好天で富士山が目の前に見えました。まあ天気ばかりはどうしようもないですね。ところで7に変更されたようですね。ボクのXPはガタガタなので7に変えようかと思いつつ設定やデータの引越しのことなど面倒な気持ちが先にたってそのままになっています。こちらの面でもいろいろ教えてください。
yamachann
2011/03/08 17:06
yamachann 様
こんばんは、今年はなかなか富士山に会えずじまいです、今一つ富士山が見えないと山歩きにストレスがかかります。
ところで、朝カルの土曜日クラスが3月一杯で終了するとのこと、折角昨年の後半に参加し、漸くメンバーの皆様にも慣れてきたのに残念です。
4月以降、どうしようか迷っていますが、月一の山歩きを楽しむためには糸の会の「第三土曜 gコース」参加を前向きに検討しようかと思っています。
Windows7、今のPCが生きている間に乗り換え方が、デターの引っ越しなど楽ですよ。とにかく処理スピードが速くて今までのXPがなんだったんだという感じです。
葦原ボーイ
2011/03/08 17:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
△ 【 矢倉岳 】          自然大好き・・・・・還暦からの山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる