自然大好き・・・・・還暦からの山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 新緑と滝の 『西沢渓谷』 [平成22年6月7日(月)]

<<   作成日時 : 2010/06/09 18:00   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 14

奥秩父を代表する新緑が美しい渓谷美と、淵・釜・滝が連続する渓谷美を一日ゆっくりと歩く計画である。
笛吹川の源流である、西沢と東沢が合流する美しい岩と清流の眺望が楽しみである。

画像
                           [ 七ツ釜五段ノ滝 ]

日 時 : 平成22年6月7日(月)
天 候 : 天気予報では曇り空であったが 終日暑くも寒くもない 爽やかな晴れ
同行者 : 妻

コース:中央線山梨市駅9:05・・・市営バス(60分)・・・・西沢渓谷入口バス停10:20・・・ナレイ沢橋10:40・・・二股(東沢・西沢合流点)11:00・・・・七ツ釜五段ノ滝12:15(昼食)・・・・西沢渓谷最高点(軌道跡)13:15・・・・ナレイ沢橋14:30・・・・・西沢渓谷入口バス停15:10・・・・・・市営バス・・・・・・市営笛吹の湯(入浴)16:40・・・・市営バス・・・・・・中央線山梨市駅着17:30 

以前、西沢渓谷を訪ねた時は、中央線塩山駅からバスで西沢渓谷入口バス停まで行ったが、現在は塩山駅からは土・日のみの運行に変わりウィークデーはバス便がないとの事、地元観光協会に照会したところ、山梨市駅から山梨市市営バスが午前中2本運行していますと。

幸いにも、千葉から南小谷駅行き特急あずさ号に連動したダイヤで、中央線山梨市駅発9:05西沢渓谷入口行きに乗車する。
中央線山梨市駅前は、小奇麗な駅舎で駅前には可愛いモニュメントが建てられた広場が広がっていた。
曇り空が次第に青空に変わりとても爽やかな朝となり、途中のバスの車窓からは頂を白くした富士山の一部が顔を出していた。

西沢渓谷周辺案内図を見て、以前、長野県の毛木平から信濃川源流を辿り甲武信ヶ岳を登り、翌日、木賊山から破風山を下り、雁坂峠から西沢渓谷入口へ下山した時のことが大変懐かしく思い出された。

画像
                         [ 山梨市駅前&可愛い市営バス ]
画像
                             [ 西沢渓谷周辺案内図 ]

笛吹川沿いの新緑真っ盛りの車道を進み、ナレイ沢橋を渡ると直ぐその先、左に子酉橋への車道の分岐となる。
新緑の中に、真っ白い清楚な花が咲いていたがズミであろうか??また、山ツツジの朱色が緑の中に一際鮮やかに見える。 白いお花はコメントによれば「ウラジロウツギ」のようでした。
程なく、右に鶏冠山林道と甲武信ヶ岳への登山口となっている分岐点を過ぎると、現在は休業中である市営西沢山荘の前に出る。

画像
                             [ 林道入口ゲート]
画像
                              [ ウラジロウツギ ]
画像
                             [ 緑に映える山ツツジ ]
画像
                             [ 甲武信ヶ岳登山口 ]

東沢と西沢とが合流する二股を見て、東沢に架かる吊橋を渡り進むと、本日最初の滝が魚止ノ滝であるがこれは登山道からは見えない。
左に渓流のせせらぎ、小鳥たちの囀り、さらには、春蝉であろうか実に心地良い響きが伝わってくる樹林帯を登る。
程なく、大久保の滝が現れ、登山道にとてもお洒落な木段が現れ登りきると、コバルトブルーの美しい淵を見せている「三重の滝」、ここには格好の滝見台が設置され、先ずは大感動その一であった。

画像
                             [ 東沢に架かる吊橋 ]
画像
                             [ とてもお洒落な木段 ]
画像
                             [ 三重の滝全景 ]
画像
                             [ コバルトブルーの淵 ]

流れを左に見ながら整備された遊歩道を進むと、フグ岩、人面洞、「竜神ノ滝」、「貞泉ノ滝」、「母胎淵」などなど、美しい滝や淵が立て続けに現れる。
西沢渓谷に沿った登山道は、危険箇所には安全面を考慮したクサリなどが設置され、水音爽やかなる渓谷には芽吹いたばかりの新緑が左右の岸から覆いかぶさり、心休まる渓谷歩きが楽しめた。

画像
                             [ 危険箇所にはクサリが ]
画像
                         [ 西沢に覆いかぶさる新緑 ]
画像
                             [ 竜神ノ滝 ]
画像
                             [ 貞泉ノ滝 ]
画像
                             [ 母胎淵 ]
            
母胎淵から、この渓谷にお似合いの古い方丈橋を渡り、右岸に移り急登道を登りきると、西沢渓谷を代表する「七ツ釜五段ノ滝」が眼下に見下ろす絶好の高台であった。
上から下に連なる釜から釜へと白い飛沫を見せ流れ落ちる漠水とコバルトブルーの淵のよどみの何と美しい事か、流石 「笛吹源流 百貨の郷 〜西沢渓谷〜」 であった。

画像
                             [ 新緑と方丈橋 ]
画像
                                [七ツ釜五段ノ滝全景 ]
画像
                           [ 勇壮な七ツ釜五段ノ滝 ]

帰路は右岸山腹を急登して、戦前から東沢・西沢の木材運搬のため使われていたトロッコ軌道跡を辿りながら下山する。
軌道跡最終地点にはちょっとした展望台が設置され、左手は黒金山への登山口となっていた。

下山途中の登山道には、往時を偲ぶ敷設されたレールがところどころ残り、更には当時の姿の木材を積載したトロッコが展示されるなど、林業盛んなりし頃を思い起こされる下山道であった。

下山コースの斜面は石楠花群生地であったが、開花した花柄も少なく、今年は不作年だったのだろうか???

1キロほど下ったところにベンチのある大展望台が設置されており、正面に石塔尾根〜鶏冠山〜木賊山〜破風山〜雁坂峠の標高2000mクラスの山並みが一望できた。

危険な箇所には鉄橋が設置され、とても歩きやすい下山道に改善されていたのには多いに驚いた。

下山コースは、一段と気持ち良い緑のシャワーよろしく美しい新緑を楽しむことが出来た。
特に、大久保沢に架かる大久保鉄橋界隈の新緑の印象は忘れがたいほどであった。

画像
                            [ 一面石楠花群生地 ]
画像
                             [ さわぐるみ橋 ]
画像
                           [ 往時を偲ぶトロッコ軌道跡 ]
画像
                           [ 鶏冠山から木賊山方面 ]
画像
                           [ 大久保沢付近の新緑 ]
画像
                            [ 大久保橋 ]
画像
                             [ 可愛いカツラの新緑 ]

程なく、眼下にナレイ沢出合いの赤い子酉橋が見えてくる。
いったん林道乾徳山線へ出たところで、左手林の中へ入りジグザグ道を一気に下ると、笛吹川に架かる赤い子酉橋を渡り、往路に辿ったナレイ橋から車道に出てバス停に戻る事となる。
子酉橋の上から、真下に白っぽいお花を沢山付けた大きなトチノキが珍しかった。

画像
                              [ 子酉橋眼下に笛吹川 ]
画像
                              [ トチノ木の花 ]

下山後、バス途中の市営笛吹の湯で途中下車、今日の疲れと汗を流しさっぱりする。
次便のバスで山梨市駅へ、一旦鈍行電車で大月駅まで乗り、ここで恒例の千葉行き特急電車あずさ号で帰路に付く。
画像
                             [ 笛吹の湯 ]















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
はじめまして。
西沢渓谷にわりあい近い所に住んでいます。
最初の白い花はズミではありません、ウツギの種類の花に見えます。たぶんウラジロウツギかバイカウツギではないでしょうか?
nona
2010/06/09 19:40
nona さま
早速のコメント有難うございました。
西沢渓谷に近いところにお住まいとか、春夏秋冬いつ訪ねても気持ち良い渓谷で羨ましく思います。
ところで白いお花の件、最初見た一瞬ウツギかと思い、匂いを嗅いで見たのですが全く匂い無く、中善寺湖畔で見るズミかと思った次第です。
よくよく見ると花弁が5枚ですので、ウラジロウツギのようですね。
ご指導ありがとうございました、早速訂正させていただきました。
今後ともよろしくお願いします。
葦原ボーイ
2010/06/09 21:24
葦原ボーイ様
素晴らしい渓谷と新緑のグリーンシャワーの中でのご夫妻でのゆったりと至福の山行をされました事を心より羨ましく、楽しく読ませて頂きました。
kobochan
2010/06/11 16:01
kobochan 様
毎度のコメント有難うございます。
幸いにもお天気に恵まれ、木漏れ日を透かして見る新緑がとにかく最高でした。
今回の渓谷歩きは、清流の水音とあちこちから聞こえてくる小鳥の声に多いに癒されました。
ただ、残念ながら鳥の声を聞くのは全くの音痴で、何鳥が鳴いているのか判りません、今度、お暇な折に鳥の鳴き声のご指導をお願いしなければ!!!
葦原ボーイ
2010/06/11 16:31
西沢渓谷の水と緑そして花も綺麗ですね。何よりも奥さんとご一緒というのが良いですね。ボクも前にボーイと一緒に甲武信岳に登り、西沢渓谷入り口に降りた時のことを思い出しました。昨日登った倉掛山も下山したバス停は西沢渓谷から山梨市駅に行くバスで16時33分にバスに乗りました。(ボーイと同じ時間のバスです。我々はそれからお風呂で少し忙しかったですが。)
yamachann
2010/06/16 19:10
yamachann 様
こんばんは
昨日の倉掛山山行、入梅も疑う位の素晴らしいお天気に恵まれ、良かったですね。これでまた晴れ男yamachannのお株が間違いなく上がりますよ。
梅雨時の緑はことのほか美しいですね、この日も川のせせらぎ、小鳥たちの声、そよ風の声、春ゼミの大合唱・・・・多いに心癒されました。
先日、山梨市駅から大月駅へ出て夕食を摂ったのですが、大月駅前がすっかり変わり驚きました、駅前の濱野屋が駅前右手に移り、前の場所は空き地になっていました。
葦原ボーイ
2010/06/16 21:15
西沢渓谷は 数ヶ月前に行ったところです。
別名<恋人の橋>では 偶然にも ぴったりと 寄り添って歩いていた
S御兄さまと S御姉さまに 二人で わたってらっしゃーい!と 皆でひやかしたりして 楽しくて ルンルンでした。
水流の美しさ 木々の甘やかな香り・・・胸キュンですね。
あたまをつかったちいさいおばあさん
2010/06/17 06:01
あたまをつかったちいさいおばあさん 様   こんにちは
コメント有難うございます、最近行かれましたか???
今回は、石楠花群生地で美しいシャクナゲを見れるかも・・・・と、期待して行ったのですが、時期的に遅かったことと、加えて、今年はこの地のシャクナゲが不作年だったようで、咲き残りの花柄もほとんど見当たらずでした。
その代わり、新緑が本当に目に眩いほど、とても楽しく歩けましたよ!!!。
葦原ボーイ
2010/06/17 10:07
この頃は、すっかり、ペアでおでかけのようで、いいですねぇ!
糸の会の前日だったのですね。お天気も良かったようで、新緑のまぶしいくらいの美しさが表現されていてさすが! です。

でも、たまには、ぜひ、会でご一緒に登りたいですね。
たんぽぽの花
2010/06/17 17:57
たんぽぽの花 さま   こんばんは
お花の尾瀬・・・・本当に素晴らしい山行でしたね!!!
最近、朝カルでの決まった計画に参加してなくて、残念ながら、ついつい足が遠のいています。是非、楽しい皆様とご一緒したいと思っています。
その節は、よろしくお願いします。
葦原ボーイ
2010/06/17 22:40
西沢渓谷は冬を含め5回ほど行きましたが今の季節は水や緑が綺麗でフィットンチッドやマイナスイオンを浴びながら渓谷歩きには良い時ですね。
滝つぼのお釜は丸く本当にお釜のようです。
首都圏からでも一回りして来るのには丁度良いコースではないでしょうか。
ミニミニ放送局
2010/06/22 11:23
ミニミニ放送局 様  5回も歩かれましたか!!!!
今回は、緑がことのほか美しい時期でした。
冬の西沢渓谷は、至るところの滝が、見事に氷ついて見応え渓谷美を楽しめることでしょう。
下山時のトロッコ軌道跡の道が、綺麗に整備され歩きやすい橋が新たに沢山設置されていたのには驚きました。
葦原ボーイ
2010/06/22 13:05
ミニミニさんのブログから
おいで下さりありがとうございます。

西沢渓谷へは私も10年ほど前の10月に行きましたが、
ゴツゴツとした岩があって
幾つもの滝の水飛沫を浴びながら
食べたお弁当の美味しかったこと
懐かしく思い出しました(^o^)丿

真っ白なヤマジロウツギや
山ツツジに癒されますね♪

幾つもの滝のマイナスイオン、
爽やかな緑のシャワーをいっぱい浴びて
リフレッシュされたことでしょう♪

石楠花はもう遅かったですか?

奥様とご一緒に
素敵な渓谷美を楽しまれましたね♪
ロコ
2010/06/23 11:59
ロコ さま
お立ち寄り頂き有難うございました。
ミニミニさんの山歩きをいつも楽しく拝見しており、昨日、突然でしたがお邪魔させて頂きました。
写真が素晴らしいですね、トップ画面の長閑なる公園はお近くの公園でしょうか??雰囲気が素晴らしいです。
石楠花は、時期の問題ではなく、今年の花付きが悪かったようです。
西沢渓谷は、本当に久し振りなのですが、今度季節を変えて歩いてみたと思ってます。 健康維持のため、のんびり山歩きを続けたいものと思っています。
葦原ボーイ
2010/06/23 19:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
新緑と滝の 『西沢渓谷』 [平成22年6月7日(月)] 自然大好き・・・・・還暦からの山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる