自然大好き・・・・・還暦からの山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS ★ 【 棒ノ嶺縦走 】 [平成21年12月16日(水)]

<<   作成日時 : 2009/12/18 14:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

平成21年12月16日(水) 終日寒い曇り空

今年最後の山行は、奥多摩の御嶽駅から、高水三山と呼ばれる、惣岳山から岩茸石山を経て棒ノ折山(棒ノ嶺ともいう)を登り、下山は埼玉県の名栗温泉へ下る比較的長いロングコースである。
40年ほど前まだまだ若かりし頃、職場のハイキングで軍畑駅から高水山・岩茸石山・惣岳山を経由、御嶽駅へ下山する高水三山を歩いた記憶がある。

棒ノ折山(棒ノ嶺) 969m

現地行動予定

 9:30 御嶽駅スタート      登り       2.5k     19P      2時間30分
12:00 惣岳山(756m)      稜線       1.5k       8P       1時間
13:00 岩茸石山(793m)     稜線       4.5k      18P      2時間
15:00 棒ノ折山(969m)     下り        2.0k      14P      1時間30分
16:30 林道             林道下り     1.5k      8P       30分

      合 計                    12.0k      67P      7時間30分

 9:30 御嶽駅 登山口(250m)

御嶽駅へ降り立つと、冷気漂う冷たい曇り空、季節が良ければ多くのハイカーで賑わう御嶽駅前も、流石、この季節とこの天気、静かな駅頭は我々メンバーだけであった。
天気予報によれば、昼過ぎにはお天気になる予報であったが、空は一面厚い雲、雨にならないことを祈りながらのスタートであった。
御嶽駅ホーム真裏の慈恩寺境内登山口から、鬱蒼とした樹林帯の急登道を只管登る、ひんやりとした林の中では一向に体が暖まらず手足が冷たい。
歩き始めて30分、大きな送電鉄塔に飛び出ると、初めて奥多摩の山並みが僅かながら見渡せる開けた空間であった。
画像
                              [ 御嶽駅 ]

10:00 送電鉄塔(450m)

ここで衣服調整を整え、またしても単調ながら良く手入れの行き届いた植林に包まれた山腹道を進むと、御神木らしき3本の大きな杉の木立を通り抜け、可愛い社が祀られた真名井天神の水場を通り抜け、植林の急斜面を登りきると周囲を金網で覆われた青渭神社(あおい)が鎮座する惣岳山山頂であった。
画像
                      [ 鉄塔先には奥多摩の山並みが ]

画像
                           [ 御神木を潜り抜け ]

画像
                           [ 真名井天神の水場 ]

画像
                           [ この急斜面を登れば惣岳山 ]

11:00 惣岳山 山頂(756m)

とても変わった青渭神社で、すっぽりと金網に覆われた珍しい社殿であった。
山頂とはいえ、周りは杉木立に囲まれて展望は望めないが、立派な青渭神社が祀られたとても静寂な雰囲気があった。
今日の安全登山を祈願した後、岩の突き出た急坂を一旦下り、登り返しを3回ほど繰り返し後は、明るく開けた尾根道であり、眼下には大丹波川に沿った幾つかの集落が点々と見えた。
また、左手奥山腹には御嶽山の宿坊が遥かに望めた。
最後の岩交じりの急坂を登りきると、高水三山二つ目の岩茸石山 山頂であった。
画像
                         [ 杉木立の中 青渭神社社殿 ]
画像
                            [ 惣岳山山頂 ]
画像
                         [ 岩交じりの急坂を一旦下る ]
画像
                      [ 眼下には大丹波川に沿った集落が ]
画像
                             [ 御嶽山宿坊の遠望 ]

12:00 岩茸石山 山頂(793m)

歩き始めて2時間半、御嶽駅と棒ノ折山までの概ね中間点、岩茸石山山頂からは奥多摩の山並みが一望できる。東側には高水山が、北にはこれから目指す黒山から棒ノ折山がすぐ目の前であった。
生憎、曇り空のため遠方は霞んではいるが、晴れていれば奥多摩、奥武蔵、新宿新都心のビル郡、筑波山から日光の山まで見えるらしい。
東側の山並みの先に、僅かに山筋を白くした山は雲取山方面であろうか??
とても静かな一時、山頂には我々の他、二人連れのご婦人が周りの景色を堪能しながらベンチで昼食中であった。
足元から大きく下った眼下の尾根道には、黒山から棒ノ折山へ向う二人連れの姿が小さく見えた。
画像
                        [ 岩茸石山から棒ノ折山方面 ]
画像
                          [ 遥か先は雲取山方面か?]
画像
                           [ 棒ノ折山まで4.6K ]
画像
                           [ 大きく広がる奥武蔵方面 ]

14:00 黒山 山頂(842m)

岩茸石山での長めの休憩の後、黒山を目指し一旦急坂を下り名坂峠へ、植林と自然林が交じった尾根道を進むと雨沢山であった。
すっかり葉を落とした明るい自然林の尾根道を何度か登り返しながら、途中岩交じりの樹林を抜けでると小澤峠への分岐点である黒山へ到着である。
岩茸石山から約3キロの尾根歩きであったが、これが結構アップダウンが多くとても長く感じた、尾根道にはすっかり葉を落とした落ち葉が敷き詰められ心地よい初冬の登山道であった。
一休みをしていると、パラパラと白い粒が・・・・細かい霰のようである、気温3度とか、流石に寒い。
画像
                           [ 岩交じりの登山道 ]
画像
                     [ 落ち葉の絨毯 真正面に棒ノ折山 ]
画像
                            [ 黒山 三角点 ]
画像
                        [ 手袋に霰が 寒い!! ]

14:50 棒ノ折山(棒ノ嶺) 山頂(969m)

黒山から0.5キロ、名栗湖の有馬ダムや名栗温泉への分岐点であるゴンジリ峠である。
ここから山頂まで、霜解けでぬかるんだ足元、急な木段を登りきると本日の最高地点 棒ノ折山山頂であった。
空はますます雲厚く、残念ながら周りの眺望は望む事が叶わなかった、山頂には筑波山から日光連山、赤城山、武尊山、榛名山、谷川岳まで眺望できると案内されていた。
画像
                            [ ゴンジリ峠 ]
画像
                              [ ぬかるんで足元悪い木段 ]
画像
                              [ 棒ノ折山(棒ノ嶺)]
画像
                             [ 山頂からの大展望? ]
画像
                       [ 関東ふれあいの道 山草のみち]

15:35 岩茸石(700m)

棒ノ折山(棒ノ嶺)山頂での眺望を楽しむこと叶わず、とにかく寒い、休憩もそこそこに下山にかかる。
ゴンジリ峠までは、今しがた登ってきた木段を再度下り、峠を左にとるとまたまた長い木段である。
木段を折りきったところに突如大きな岩が現れ、左は有馬ダムへの下山路、右はこれから進む名栗温泉への分岐点である岩茸石である。

長い木段を降りきると、膝に違和感を感じる、大きく踏み出すと激しい痛み、久々に感じる膝痛であった。
この先、林道まで標高差で350mの急坂を下るらしいが、とにかく慎重にダブルストックをフル活用、出来るだけ膝に負担がかからないよう慎重に足元を確認しながらの下山となった。


画像
                         [ 膝に応えた 長い木段 ]
画像
                           [ これが岩茸石 ]

16:10 林道登山口

岩茸石から九十九折の樹林帯を下るが、これが結構の急勾配で先行者との間隔がたちまち開き、どうにも、もどかく情け無い限りの下山となった。 もうカメラを構える余裕すらない。
段差のあるところでは、膝が悲鳴をあげるほど辛く、如何に最後までこけないで下るか、慎重に慎重に歩幅を狭く歩くことに徹した。
途中、林道へ出たと思いきや、更に足元の悪いショートカットの樹林帯へ入り、なおも高度を下げ漸く本格的林道の登山口へ出てホット一安心である。
痛みに苦しんだ膝が、フラットな林道下り道では、今までの痛みが嘘のようで不思議である。
画像
                           [ 急斜面の樹林帯 ]
画像
                           [ 待ちに待った林道へ ]

16:50 名栗温泉 大松閣

下山は、棒ノ折山山頂から距離で3.5キロと短いが、標高差で720mを下る下山道で、久し振りに味わった痛みに耐えながらの下山となった。
名栗温泉 大松閣は、西武線飯能駅からバスで40分ほど山間の一軒宿の温泉で、「木になる郷」のうたい文句通り静かで立派な温泉宿であった。
冷えて疲れた体を温泉で温もり、痛めた膝を癒しホットした一時である。
入浴後、バスで飯能駅へ駅ビル内の中華料理店で、渇いた喉を潤し食事ののち帰路につく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
高水三山と棒の峰は数回登っていますがこのコースは歩いた事がありません。
やはり時間を見るとこの季節の日帰りとしては日いっぱいですね。
平日の曇天では他に登山者も居なかったでしょう。
アップダウンの多いコースのようですが累積標高差は相当ありますね。
長い木段の下山は確かに膝に負担がかかります。降りたら薄暗かったでしょう。
お疲れ様でした
ミニミニ放送局
2009/12/18 16:08
葦原ボーイ様
厳冬の折の厳しい山行でしたね!膝の具合は如何ですか?
天候も曇天の様だった所為か温度もかなり厳しかったのですね!
本当にお疲れ様でした。
kobochan
2009/12/19 09:13
ミニミニ放送局 様  おはようございます
最終下山の林道歩きが日没後になるのではと??懸念しておりましたが、幸いにもライトの世話にならずに済みました。 確かに日帰り目一杯のコースでした。
途中のアップダウンは順調に歩いていたのですが、木段下りの場面で一気に膝に来て、久し振りで辛い下山となってしまいました。
とても寒い日、岩茸石山山頂でお二人、登山道でお二人、途中あった方は合計4人だけ、静かな山の一日でした。
葦原ボーイ
2009/12/19 09:39
kobochan 様 おはようございます
昨日の12月例会を欠席して失礼しました。
21日実施予定の「成田山新年ウォーク」の下見会に備え一日静養しました。
筋肉痛ではなく、膝と腰にトラブルを起こし、自宅階段の昇り降りに苦戦中ですが、おかげ様で昨日一日ゆっくり静養して今朝は大分良くなってきました。
葦原ボーイ
2009/12/19 09:48
お疲れ様でした。膝大丈夫ですか?ボクも久しぶりの長い山行で結構疲れました。一日遅れの筋肉痛になりました。やはりせめて月一度は登っていないとだめですね。それでも久々の山気分はたっぷり味わえました。寒かったけどそれもまた良しですね。来年もまたよろしくお願いします。
yamachann
2009/12/20 11:40
yamachann 様
2年前の雲取山以来のきつい膝痛でしたよ!!!。お互いお疲れ様でした。
おかげ様で、今日辺りから漸く階段の昇り降りに苦痛を感じなくなりました。
先月、先々月と軽めの歩きでしたので、余計に堪えました。
この先、再発せぬようスポーツジムで膝のトレーニングに励まねば!!!。
貴兄、今年は年賀状が無く淋しいお正月になりますね。
こちらこそ、来年度も引き続き宜しくお願いします。
葦原ボーイ
2009/12/20 15:22
すっかりご無沙汰しています。今年も余す所10日となりました。米国も欧州も日本も寒波の襲来で大雪に見舞われているようですが、寒さの中お元気に山を楽しまれているご様子なによりです、小生7月の太刀岡山以来、皆さんについて行ける自信が持てず、この秋はマイペースで3−4時間程度歩く軽い山歩きに自粛しまた。
来年は軽い山の計画には参加したいと思っていますが、はたして????
棒の嶺で膝を痛められたとか・・ 小生も太刀岡山の下りで膝痛を覚え、それが今回の休学(?)の一因にもなっています。(主因は体力の低下ですが・・)
来年はご一緒出来る機会があるように再チャレンジしたいと思っています。
よろしくお願いします。
このみち
2009/12/21 14:30
このみち 様  こんばんは
ホント お久し振りです!!!みんなでお元気かどうか案じておりました。
その後、お元気で軽い山歩きをお続けとの事、安心いたしました。
それにしても、連日厳しい寒さが続きますね、今日は、新年5日実施予定のけやき歩こう会の「新年成田山ウォーク」の下見会で、寒い中を歩いてまいりました。
おかげ様で、膝の方は順調に回復したのですが、1月以降寒い日の山行時に再発せぬかと、多少の不安があります。
来年は、是非ともご一緒に歩きましょう!!!楽しみにしております。
どうぞ、良き新年をお迎え下さいますよう祈念申し上げます。
葦原ボーイ
2009/12/21 17:58
奥多摩の「高水三山」は名前くらいしか知りませんでした。
新潟からですと、奥多摩は「日帰り」って訳には行かないので、なかなか気楽には行けないのですが、行ってみたくなりました。
「関東陽だまり登山」と私達はよく言うのですが、やはり関東も寒かったのですね(笑(^_^;))
これはロングコースですが、高水三山を巡るコースなら会の山行で実施したくなりました。色々と山行にさせて頂きました。
noritan
2009/12/23 11:27
noritan 様  こんにちは
久し振りの大雪のようですね・・・市内でも40〜50センチの積雪とか??
自宅周りの除雪や庭木の除雪など、思わぬ力仕事ではありませんか。
1月〜2月奥多摩の南斜面は、とても静かな「関東陽だまり登山」気分一杯、大好きです。軍畑駅から御嶽駅までの高水三山コースは、時間的にも約4時間で歩けますので、是非一度お歩きになってみては如何でしょうか。
葦原ボーイ
2009/12/23 15:45
この日は、寒い日でしたね。
お膝の調子がいまいちで大変ですね、でも、直ぐに回復なさるようで、又、ご一緒させていただけそうで安心いたしました。

yamachann様も、このみち様もここのところお目にかかれず寂しい限りです。
このみち様は、ご案じ申し上げていましたが、3〜5時間ほどの山行なら行っていらっしゃるとのことで、ホッといたしました。糸の会山行もこの頃4時間ほどの風呂に入るだけの山行もありますので(例えば11月の岩櫃山とか)また、お目にかかれるのを楽しみにしています。
たんぽぽの花
2009/12/27 17:07
たんぽぽの花 さま  こんばんは
いつかご一緒した雲取山以来の膝痛でした、幸いにもあの時以来そのような症状がなく安心していたのですが、今回は悲鳴をあげながらの下山でした。
これから春までの間、再発せぬよう気をつけねば。
糸の会の軽めの山で、是非、この道さん&yamachannさん皆でお目にかかりたいものですね。 
みなさまお揃いで良き新年をお迎え下さいますよう。来年も宜しくお願いします。

葦原ボーイ
2009/12/27 23:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
★ 【 棒ノ嶺縦走 】 [平成21年12月16日(水)] 自然大好き・・・・・還暦からの山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる