自然大好き・・・・・還暦からの山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆ 【カナディアン・ロッキー 第4日】 レイク・クイーズ〜アサバスカ大氷原〜パカー・リッジ

<<   作成日時 : 2009/10/04 12:02   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

平成21年9月20日(日)曇り空 途中一時雪 のち 快晴

本日のトレキングコース(氷河観光と軽いハイキング)

レイク・クイーズ・イン〜レイク・クイーズ湖〜コロンビア大氷原(アサバスカ氷原)〜パーカー・リッジ〜サスカチュワン・クロッシング〜ペート・レイク〜レイク・クイーズ・イン

午前8時30分 レイク・クイーズ・イン スタート

今日は先ず、ホテル近くのレイク・クイーズ湖畔へ、生憎の曇り空、湖水のコバルトブルーが今一で、真正面に見える筈の氷河の眺望を見ることが出来なかった。
湖畔にはバンフ・スプリングス・ホテルと同系列の超モダンなフェアモント・ホテルが素晴らしいロケーションを背景に建っていた。

画像
                           [ レーク・クイーズ湖畔 ]

画像
                          [ 素晴らしいフェアモントホテル ]

トランス・カナダ・ハイウェイに乗り本日の観光めぐりのハイライト、アイスフィールドセンターを目指す、昨夜から今朝にかけて降ったであろう雪が山の頂を真っ白に雪化粧していた。
ボーサミット(2069m)といわれる一番高い峠では、雪交じりの雨模様となりまさに真冬のような様相であった。
この悪天候も、峠越えをすると不思議と青い空の快晴となりホット、嘘のような天気の早変わりである。

画像
                          [ ボーサミット付近は雪でした ]

画像
                          [ 一転して青い空と雪山 ]

アイスフールドセンター

カナディアン・ロッキー観光のハイライトといわれるのがコロンビア大氷原。
超高価な特殊雪上車(スノーコーチ)に乗り換え氷河の上まで移動、アサバスカ氷原を散策しようという観光である。
コロンビア大氷原には「スタットフィールド氷河」「ドーム氷河」「コロンビア氷河」「キャッスルガード氷河」「サスカチュワン氷河」そしてこれから降り立つ「アサバスカ氷河」と6つの氷河が流れ出ており、この6つの氷河を含めてコロンビア大氷原と呼ぶとのことである。
アサバスカ氷河は、これら6つの氷河の中では3番目に大きな氷河で、長さ6.5キロ 幅1キロ 厚さ 300m の規模だそうである。
現在このアサバスカ氷河は、年間15mづつ流れ出ているが、地球温暖化のために年平均1.6mの後退を余儀なくされているとのことである。
スノーコーチを降り、氷原に立つと厚さが300mの実感がない、前方右手の崖上に青く見える氷河があったがそれでも70m位の厚さとか、とても積もり積もった雪が圧縮されて出来た氷塊とは思えない。
氷河上には小さな水路が出来ており、その水を飲むと10年長生きするとか・・・・・試しに一口飲んでみたが何の味もない水であった。

画像
                          [ アイスフィールドセンター ]

画像
                          [ アサバスカ氷河全景 ]

画像
                          [ 青く見える氷河 ]

画像
                          [ タイヤ1本60万のスノーコーチ ]

氷河観光を終え、パーカー・リッジの登山口へ移動、登山口の標高1950m パカー・リッジの標高 2130m 往復約2時間の簡単なハイキングコースであった。
登山口が既に森林限界にあり、終始眺めがよく足元の草花が草紅葉となった美しい登山道を1時間ほど登ると広々とした稜線に飛び出したところがパーカー・リッジであった。
パーカー・リッジの南端の立つと、眼下にサスカチュワン氷河の長い帯が右手から足元の谷に入り込み、氷河がつくりだしたモレーンや小さな湖が実に美しく、自然の偉大さを感じる。
まわりの山々も氷河に覆われた山が連なり、これぞまさにコロンビア大氷原と思った。

画像
                         [ 真っ赤に紅葉したつつじか? ]

画像
                        [ チョウノスケソウの綿毛 ]

画像
                         [ 長い帯 サスカチュワン氷河 ]

画像
                          [ 氷河に覆われた山 ]

帰路の途中、立ち寄ったサスカチュワン・クロッシングのドライブインのアスペンポプラの紅葉が、青い空と白い雲に映えていた。
最後に立ち寄った、特別展望台から眼下に広がる神秘的なエメラルドグリーンのペート・レークの湖面を見たとき氷河湖の不思議さを感じた。

画像
                       [ ドライブインのアスペンポプラの黄葉 ]

画像
                      [ エメラルドグリーンのペート・レイク ]

本日は、ドライブ観光と優しいハイキングの一日、午後6時にレーク・クイーズ・インへ帰る。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆ 【カナディアン・ロッキー 第4日】 レイク・クイーズ〜アサバスカ大氷原〜パカー・リッジ 自然大好き・・・・・還暦からの山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる