自然大好き・・・・・還暦からの山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆ 『 浜石岳 』 【 平成20年12月24日(水) 】

<<   作成日時 : 2008/12/25 18:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

平成20年12月24日(水) 素晴らしい快晴

本年最終となったカルチャー教室の山行は、珍しく東海道線五十三次16番目の宿場町「由比」からスタート。
目指す由比駅までの東海道線車窓からは、半分上が真っ白に覆われた富士山の姿が目に眩いほどであった。
歌川広重の版画で有名な「薩埵峠」の登山口から、富士の大観を標榜する山頂の展望が素晴らしいと云われる「浜石岳」へのコース設定であった。
浜石岳山頂までタクシーが入り、下山無しで山頂から一気に帰路につくめったない、名所・旧跡を訪ねる珍しいコースである。

画像
                              [ 薩埵峠 広重版画 ]   

浜石岳 707m

登り標高差 687m  約 8.5キロ   登り 43P  約 5時間

現地行動計画

12:00 東海道名主の館小池邸       11P  2.5キロ  約 1時間
13:00 薩埵峠                 32P  6.0キロ  約 4時間
17:00 浜石岳 山頂             山頂からタクシーで興津駅

11:10 由比駅 

ここ由比の名産は「桜えび」、先ずは地元「ゆい桜えび会館」で昼食である。
おすすめの桜えびかき揚げ丼でしっかり腹ごしらえを終え、タクシーで「東海道名主の館・小池邸」まで移動、大戸、くぐり戸、ナマコ壁、石垣等は江戸時代の名主宅の面影を留めているという記念館を見学である。 

画像
                          [ 東海道名主の館・小池邸 ] 

12:15 小池邸 スタート

小池邸から古き昔の佇まいの残る旧東海道は道幅は狭く、間の宿の脇本陣柏屋跡等を通り抜け、日本橋から40番目の一里塚なる石碑があった。
一里塚跡から急坂となり道の両側には、鈴なりのミカン畑と早くも白い花を咲かせた枇杷畑が広がり、まさに快適な陽だまりハイキングコースとなっていた。
急斜面のミカン畑には、作業用のモノレールが設置され農作業の大変さが窺われた。
いつの間にか高度が上がり、振り向けば今日目指す浜石岳とその上に大きな富士山、沼津方面から愛鷹山が一望され、更には、前方左手には大きく広がる駿河湾が、その先には微かに大きな伊豆半島が見え、前方には薩埵峠から興津方面の景観が美しい。 

画像
                           [ 浜石岳&富士山 ]

画像
                           [ 沼津市街と愛鷹連山 ]

13:00 薩埵峠 展望台 

ここ薩埵峠展望台は、箱根峠、鈴鹿峠とともに東海道三大難所として広重が描いた当時とほぼ同じ風景が広がっていた。
ただ、現在眼下には東西経済圏の大動脈「東名高速道路」「国道一号線」「JR東海道本線」の三本が走り、写真家の撮影ポイントとして名高い富士山の絶景ビューポイントであった。
駿河湾の先には、沼津アルプスから伊豆半島の山並みが大きく広がっている。

画像
                           [ 薩埵峠 展望台から ]

画像
                           [ 駿河湾の先大きな伊豆半島 ]

14:15 標高480m地点

薩埵峠からいよいよ登山道に入ると突然の急登道となり、全く眺望がない竹林から鬱蒼とした杉林の中の道で途中崩落箇所あり通行止め等の標識があり、結構大きな段差を越えながら高度をあげる。
薩埵峠から約1キロ程進むと、急登道が終わり尾根道に変わった南斜面は、風もなく汗ばむほどでのとても12月とは思えぬ暖かさであった。

画像
                            [ ロープを頼りに段差を越える ]

画像
                             [ 薩埵峠から2.2`地点 ]

15:15 標高500m地点

先ほどの休憩地点から、何度かのアップダウンを繰り返し2キロほど進むと突然視界が広がり、山頂に大きなパラポラアンテナが見える浜石岳が現れる。
薩埵峠からは、海岸線の景観とお別れもっぱら静かな樹林帯の登山道で、久し振りで見る開けた眺望である。
きっとあの浜石岳からは、本日一番の大きな富士山の姿を望めるのでは・・・・・運が良ければ夕日に輝く赤富士の姿がと・・・・・・期待が膨らむ一時であった。

画像
                       [送電線の先 パラポラアンテナが 浜石岳 ]

画像
                             [ 浜石岳まであと2` ]

16:15 浜石岳 山頂

西の空が薄っすらと赤みを増し夕暮れが迫り吹き抜ける風が冷たさを増してきた中、250mほどの最後の登り道を進むと、標高520メートルにある青少年野外センターへの分岐標識が現れ山頂まであと一歩である。

程なく、丸く広がる山頂へ飛び出ると目の前に薄黒く見える大きな富士山の姿が目に飛び込んできた。
西の空には薄雲が広がり雲の合間からちょっぴり陽ざしが見えるが、なかなか明るくなる兆しがない。

山頂に設置された方位盤には、富士山の左手に七面山から南アルプスが広がるとあるが、生憎、雲の中。
富士山右手は、愛鷹山から箱根連山が連なるようであるが、これも微かに見える程度であった。

ただ、富士山頂左端の剣ヶ峰の尖った頂と宝永火口がはっきり見えるのは、富士山まで直線距離で僅か32キロという距離から見ているということであろう。

しばし夕日が一条差し込む瞬間を期待しながら待つも好転せず、残念ながら期待した赤富士にはお目にかかれずじまいであった。

山頂直下まで、完全舗装の林道が通じておりタクシーで夕暮れ迫る中、興津駅目指し帰路に着く。

画像
                               [ 浜石岳 山頂 ]

画像
                          [ 富士山頂 剣ヶ峰 宝永火口 が ]

画像
                            [ 焼津港から三保と日本平方面 ] 

今年最後の浜石岳山行は、名所・旧跡・富士山・駿河湾を楽しむ普段とは異なった記憶に残る山行の思い出となった。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
「浜石岳」とお聞きして、ハテ?聞いた名前!と思いました。
山と渓谷社から出ています「富士の見える山ベストコース」に紹介されている山でした。
山梨の山かと思いましたがレッキとした静岡の山でしたね。
富士の展望台の山ですね。
新潟からは遠いです!
ブログを拝見していますとこの時期は、富士を愛でる山旅が多いようですね。
私は、どうやら今年は富士に振られたようです・・・
noritan
2008/12/26 02:23
noritan さま
おはようございます
「浜石岳」と最初聞いた時・・・・何処にあるの??でした。
薩埵峠と聞き、始めて東海道五十三次宿場の由比が思い起こされた次第でした。
千葉稲毛海岸からも、真冬の寒い朝夕には東京湾越し丹沢山塊の上に富士山が見えるのですが、浜石岳山頂から見る富士はまさにドーンと迫る迫力でした。
テレビニュースで今朝の新潟は、冷たい北風が吹き抜ける銀世界のようですね。
今年もあとわずか、どうぞ皆様ご自愛のうえ良き新年をお迎え下さいますよう。
葦原ボーイ
2008/12/26 10:01
青い空、輝く富士山、真に羨ましき風景です。
この時期の関東の天気には、ジェラシーを感じてしまいますね。
今年は暖冬かと思っていましたが、ようやく新潟にも本格的な冬が到来しました。ピューピューと北風が吹いています。
市内には薄っすらとしかありませんが、スキー場にはたくさん降ったようで、理想的な降り方です。スキー関係者の笑顔が想像できます。
山いろいろ
2008/12/26 22:58
山いろいろ 様
新潟も愈々雪のようですね、当地は昨日・今日と素晴らしい青空ながら冷たい北風が吹き抜け、巷の大不況が身に染む年の暮れとなりました。
年末には、ご子息様家族&お嬢様ご夫妻との雪の温泉旅行とは、何とも羨ましい限りです。
今年一年色々お世話になり有難うございました。
貴家皆々様おそろいで良き新年をお迎え下さいますよう祈念申し上げます。
葦原ボーイ
2008/12/27 13:04
薩埵峠は富士山の眺望の最高の場所と云う事は先般知りましたが、素晴らしい
写真で実感いたしました。
昨日の強風の中にも、又今朝の寒風の中にも相変わらず東京湾越しの富士山の雄姿を仰ぎ見る事ができました。
今年もいろいろと楽しませて頂きまして誠に有り難うございました。
kobochan
2008/12/27 14:50
kobochan 様  こんばんは
毎度のコメントありがとうございます。
海釣りセンターから東京湾越しの富士山も迫力あり素晴らしい!!!!
加えて、筑波山が見えるとは知りませんでしたよ。
冷たい冬なればこそでしょうか、暫くは楽しみが増えますね。
今年は、いろいろお世話になりました、来年も引き続き宜しくご指導のほど。
貴家皆様のご多幸を祈念申し上げます。
葦原ボーイ
2008/12/27 17:08
今年最後の山行天気に恵まれ富士山が良く見えてよかったですね。
薩埵峠からの高速道路とひときわ高く聳える富士山が絵になります。
行った事のない山を楽しませていただきました。
ミニミニ放送局
2008/12/28 09:31
ミニミニ放送局 様
こんにちは  お蔭様で素晴らしい天気に恵まれラッキーでした。
薩埵峠からの展望はまさに「広重の版画」通り、昔も今も変わらず富士展望の名所である事を実感しました。
来年もまた素晴らしいビデオを拝見させてください。
新年が皆様に素晴らしい年でありますことを祈念申し上げます。
葦原
2008/12/28 12:46
ちょうど、この頃は、富士山がずっと見える良いお天気がつづいていますね。
私のブログも未完成ですが、富士山の絶景の丹沢でした。
浜石岳の標識は、随分きれいになりましたね。

来年もどうぞよろしくお願いします。
たんぽぽの花
2008/12/31 21:22
たんぽぽの花 様
あけましておめでとうございます。
昨年末ご家族お揃いでの丹沢山歩き、本当に素晴らしい富士山の眺望でしたね・・・・じっくりと拝見させて頂きました。
今年のお正月は、お天気に恵まれ良き新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
今年もまた、楽しい山歩きご一緒させて下さい。
葦原ボーイ
2009/01/02 14:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆ 『 浜石岳 』 【 平成20年12月24日(水) 】 自然大好き・・・・・還暦からの山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる