自然大好き・・・・・還暦からの山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆ 『 羅漢寺山 』 【平成20年11月26日(水)】

<<   作成日時 : 2008/11/27 19:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

平成20年11月26日(水)  雲一つ無い無風快晴

画像
                            [ 昇仙峡 覚円峰 ]

立冬も過ぎ、冬来る季節となったが、立冬とは思えない暖かで穏やかな小春日和の1日であった。
今回山行は、奇岩の景勝地で有名な甲府、昇仙峡入口の長譚橋から白砂山を経て羅漢寺山(弥三郎岳)を登り、帰路、渓谷美が一際美しい紅葉の昇仙峡をゆっくりと昇仙峡入口バス停まで下るコースである。

羅漢寺山 1058m

登り標高差 558m    下り標高差  558m        40P  10km   5時間半

現地行動計画

10:30    昇仙峡口バス停               登り  22P 4.5Km  3時間
13:30      ロープウェ イ・パノラマ台駅         登り   2P 0.5Km   30分
14:00    羅漢寺山(弥三郎岳)            下り  2P 0.5Km   30分
14:30     ロープウェ イ・パノラマ台駅         ロープウェイで下山
15:00    御岳 昇仙峡                 下り  14P 4.5Km   1時間半
16:30    昇仙峡口バス停 

10:30 昇仙峡入口バス停  

千葉駅6時38分発あずさ3号で、一路甲府へ向かう車中からはずっと青空が続き、途中の車窓から左手に頂を真っ白にした南アルプス連峰の山並みが美しい。

甲府駅前から定期バスで昇仙峡入口に降り立つと、雲一つ無い素晴らしい青空である。
昇仙峡入口には、とてもお洒落なアーチ橋の長潭橋が架かり、如何にも昇仙峡入口の風情にお似合いであった。
この付近は、天神森と称され結構綺麗な紅葉が目に付いた。

登山口は、長潭橋たもとの民家の脇を通り抜け緩い傾斜の雑木林を歩き出す。
薄暗い雑木林を進むが、風がなくたちまち体が汗ばんできて、防寒用に着た上着を脱ぎ薄着で登り道を進む。

画像
                            [ 長潭橋 ]

画像
                          [ 天神森の もみじ ]

11:35 北仙開拓地跡(650m)

登山口から小1時間で舗装された林道に出、直ぐまた雑木林の明るい登山道へと進む。
突然、山の中に真っ赤に熟した柿の木が2本現れ、何故こんな山中に柿の木が????
戦後、この付近一帯には開拓地として民家があったとか、どうもその頃に植えた柿の木らしい・・・・・。

程なく、見晴らしの良い尾根道に出て周りの山々や、昇仙峡の白い花崗岩の岩稜が目に飛び込んできた。
登山道は優しい色合いの黄葉の木々が目立ち、暑からず寒からずの絶好の登山日和である。

画像
                          [ 明るい 登山道 ]

画像
                           [ 優しい 黄葉 ]

12:00 見晴台(839m)

引き続き明るく気持ち良い登山道を進むと、右手前方にとてつもなく大きな岩が現れ、更にその奥、木々の間から太刀の抜き岩と呼ばれる岩稜が見え始め、過去、何度か昇仙峡に来て下から見上げていた奇岩を目の前にする。

この先、白山展望台・羅漢寺山へと進むに従い巨大な花崗岩の奇岩が広がるようである。
足元には、すっかり落葉した落ち葉が敷き詰められ、なんとも足に優しい柔らかな絨毯の上を歩くようである。

画像
                           [ 太刀の抜き岩 ]

画像
                           [ 明るい 黄葉 ]

画像
                           [ 落ち葉の絨毯 ]

画像
                           [ 静かな登山道 ]


12:20 白山展望台(900m)

花崗岩の一枚岩をいくつか攀じ登り進むと、前方が大きく開けた白砂青松の世界を思わせる、真っ白な岩の上に飛び出した所が白山展望台であった。
山の斜面には、緑の松、黄葉した木々、真っ白な花崗岩の岩肌が露出し、流石、昇仙峡と云われる奇岩の素晴らしい眺望である。

白山展望台から、北方向には手が届きそうな感じで茅ヶ岳と太刀岡山が直ぐそこに見えた。


画像
                           [ まさに白砂青松の世界 ]

画像
                          [ 白い花崗岩 白山展望台]

画像
                          [ 緑と黄葉と花崗岩 ]

画像
                          [ 左 茅ヶ岳 右 太刀岡山 ]

13:25 羅漢寺山山頂(1058m)

白砂山展望台から幾つかの岩稜をハシゴやクサリにつかまり攀じ登ると、本日の最高地点の羅漢寺山(弥三郎岳)山頂であった。

羅漢寺山山頂は、昇仙峡の渓谷から見上げる覚円峰の裏手に位置し、眼下には白い花崗岩の奇岩と、昇仙峡の駐車場、昇仙峡最上流の能泉湖と荒川ダムを見下ろす景観である。
過去に見ていた渓谷から見上げる景色とは、一味違う素晴らしさであった。

山頂から360度の眺望は、南アルプスの甲斐駒ヶ岳から鳳凰三山のオベリスク、薄っすらと雪を被った金峰山の五丈岩、太刀岡山と茅ヶ岳、何故かそこだけに雲が、霊峰富士山は微かに麓の山裾のみ見え、全容を見せてくれないのが心残りであった。

初冬とは思えぬ素晴らしい今日のお天気と、山頂からの360度大パノラマの眺望は最高であった。

画像
                     [ 大きな岩の片隅のクサリを攀じ登る ]

画像
                           [ 大きな冑岩 ]

画像
                           [ 荒川ダムと能泉湖 ]

画像
                           [ 甲斐駒ヶ岳と鳳凰三山 ]

画像
                         [ 薄っすらと雪を被った 金峰山 ]

画像
                           [ 緑の松越し 白砂山 ]

14:00 ロープウェイ パノラマ台駅

ロープウェイ パノラマ台駅から羅漢寺山山頂までは片道30分の距離、昇仙峡巡りの一般観光客が慣れない山道を必死で昇り降りしていた。

本日の下山は、珍しく標高差301mのロープウェイを利用して仙ガ滝駅まで下り、仙ガ滝から昇仙峡入口の天神森まで約4.5キロの渓谷美を観光気分で堪能しながら下山する。

先ずは、仙ガ滝から遊歩道に入り昇仙橋を渡り、大きな石門を潜り抜け、改めて昇仙峡随一の景観である覚円峰を見上げ、五百羅漢を祀った羅漢寺へお参り、数々の名前が付いた奇岩を眺めながら、天神森まで紅葉を愛でながら散策を楽しむ。

画像
                              [ 勇壮な仙ガ滝 ]

画像
                              [ 巨大な石門 ]

画像
                           [ 覚円峰と紅葉 ]

画像
                           [ 渓谷沿いの もみじ ]

画像
                           [ 寒山拾得岩 ]

15:40 昇仙峡入口 天神森へ下山

終日、素晴らしいお天気に恵まれ、山頂からの大展望を楽しみ、下山コースは観光気分で昇仙峡堪能する事が出来た。

さしたる疲労感もなく下山、最後は、甲府盆地の夜景が一際綺麗といわれ、武田信玄が産湯を使ったとも云われている「積翠寺温泉」で汗を流したあと、湯村温泉で渇いた喉を軽く潤し帰路に着く。

画像
                       [ 積翠寺温泉から薄暮の甲府市街 ]






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
昇仙峡の名は聞いてはいますが、実際の写真を見るのは初めてです。山も変化のある面白そうな山、行ってみたくなりますね。
それにしても、明るく暖かそうな関東の空が羨ましい。冬だけ関東に引っ越したい!。(夏は、新潟が絶対にいい!)
山いろいろ
2008/11/28 09:26
奇岩と紅葉の取り合わせも好いですね!
小春日和とはこの様な天候を云う代表的な日和ある事を各々の画像からも滲み出てます。来月は初冬を迎えて益々天候も安定しての山行きを心よりお祈りし、素晴らしい映像を期待いたします。
kobochan
2008/11/28 10:42
山いろいろ 様
こんばんは、早速のコメント有難うございます。
昇仙峡には、過去何回か行っているのですが、山上を歩いたのは初めてでした。渓谷から見上げる世界とは全く異なり、素晴らしい眺望でした。
お二人のお子様方が東京にいらっしゃるのですから、可愛いアカリンちゃんを訪ね方々、是非、関東のお山をお訪ね下さい。
先日の刈羽八石山での、恒例の忘年山行最高に楽しそうですね。
五頭山の上はもう既に1mの積雪とか・・冬ですね・・・一度登らねば。
葦原ボーイ
2008/11/28 18:24
kobochan 様
こんばんは 
今回は、兎に角素晴らしい天気に恵まれ、まさに小春日和久々にのんびり山行を楽しむ事が出来ました。
12月1日、リベンジ養老渓谷ウォーキングが素晴らしい天気になりそう、今年見納めの紅葉を楽しんできますよ!!!。
葦原ボーイ
2008/11/28 18:31
私も昨年12月15日にこのコースを歩きました。
その時はもう紅葉は終わっていましたが葦原ボーイさんが行かれたときは紅葉が綺麗で楽しめましたね。
やはりこのように素晴らしい展望が楽しめました。懐かしく思い出しながら見せていただきました。
ミニミニ放送局
2008/11/28 22:14
ミニミニ 放送局 様  こんばんは
昨年行かれましたか・・・・お天気が良く、登山道の方は渓谷美とはまた異なった趣のあるコースでとても楽しく歩けました。
何時もの事ながら、貴兄のビデオでのご紹介ほんとに素晴らしいですね。
葦原ボーイ
2008/11/28 23:18
小春日和ののどかな山行のご様子ですね。
小川山とか瑞牆山の方向でもありますね。
私も、今日(11月30日)に、地元の山納会で、鎌倉アルプスで、バーベキューでしたが、小春日和、絵に書いたようにのどかで暖かな青空でした。いずれ、アップします。
また、ご一緒の日を楽しみにしています。
たんぽぽの花
2008/11/30 22:34
たんぽぽの花 様
こんばんは 
そうそう金峰山の下の方に瑞牆山らしい岩肌が見えましたよ。
今日も長閑な小春日和でしたが、楽しいお仲間とのバーベキューさぞ美味しかったのでは。 アップを楽しみにお待ちします。
明日は、歩こう会の皆さんと地元千葉の養老渓谷は梅ヶ瀬渓谷から大福山を歩いてきます。 今年のもみじは如何なものか、と期待してます。
葦原ボーイ
2008/11/30 22:52
無風快晴の羅漢寺山良いですね! 私も3月に千田から入り白山を経て弥三郎岳を巡ってきましたが、手頃で好きなコースの一つです。ここから見える太刀岡山、茅が岳、曲岳、金峰山、甲斐駒、鳳凰三山等にも登ったことがあり大変懐かしいからです。何と云っても天気が一番です。
ビデオ楽し
2008/12/01 14:24
ビデオ楽 様  こんばんは
お立ち寄り頂きありがとうございました。
日頃、貴兄の素敵なビデオを楽しみに拝見させて頂いております。
改めて御礼申し上げます。
今回コースは、仰る通りとても気軽なコースで、尾根道に出れば周りの山々を堪能出来、眼下には白く美しい花崗岩の奇岩を楽しみながら歩けるコースで大変満足して帰りました。
葦原ボーイ
2008/12/01 22:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆ 『 羅漢寺山 』 【平成20年11月26日(水)】 自然大好き・・・・・還暦からの山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる