自然大好き・・・・・還暦からの山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆ 『 白馬三山 U 』 【平成20年9月27日〜29日】

<<   作成日時 : 2008/10/03 23:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

平成20年9月28日 素晴らしい朝焼け 冷たい北風 終日快晴

午前5時起床 まだ暗い外を覗くと満天星空、とても寒いが昨日に引き続き素晴らしい天気が予感された。
5時半に朝食、東の空が明るんできて遥か先の雲海の上が、鮮やかな朝焼けである。

昨夜の、神泉の湯で身体を癒しゆっくり寝た所為か少しの疲れもなく快調、しかし、白馬鑓温泉小屋から稜線までの標高差750mの急登道は結構きついのではと予感された。

画像
                          [ 雲海の先 朝焼け ]

28日 行動スケジュール

05:30 朝食
06:30 白馬鑓温泉小屋出発                   登り 17P 2時間  2キロ
08:30 稜線(天狗山荘への分岐)                稜線 23P 3時間  4キロ
11:30 白馬岳頂上宿舎                    
                                      登り標高差 932m 
      荷物を置いて白馬岳山頂まで往復
      昼食は白馬山荘の展望レストラン「スカイプラザ白馬」でのんびりと

06:20 白馬鑓温泉小屋出発(2000m)   

白馬鑓温泉小屋の上には湯煙が立ち昇っているが、足元の地面はすっかり凍りつきとにかく寒い。

小屋の後から、早速の急登道を登るとクサリが設置された滑り易い岩場であった。
登山道右手奥には、八方尾根の美しい稜線が望まれ、雲海の上には八ヶ岳らしい姿が浮かんで見え、冷たく寒い急登道ながら爽やかな気分である。

画像
                         [ クサリの岩場 ]

画像
                          [ 八方尾根方面 ]

07:10 標高2300m地点 

すっかり木々もなくなり、北側が大きく開け真夏には素晴らしい高山植物の花々で埋め尽くされているであろう素晴らしい景観であった。

見上げると、右手には薄っすらと雪化粧した鑓ヶ岳方面が、左手には天狗尾根方面の岩稜が、朝日を浴びて美しい姿を見せてくれた。


画像
                          [ 天狗尾根方面 ]

画像
                          [ 鑓ヶ岳方面 ]

8:10  標高2500m地点

更にゆっくりと高度をあげると、稜線上部まで大きく開けた別天地であった。
きっと、真夏には多種多様の高山植物が一面咲き競っているであろう、大出原のお花畑であった

足元の雪の上には背丈の低いナナカマドの真っ赤に紅葉した姿や、色合い優しい紅葉が印象的であった。 
鑓ヶ岳の稜線まで、あと一歩の近さで、左右の急斜面が迫るように近くなってきた。

画像
                          [ 真っ白の雪にナナカマド ]

画像
                          [ 色合い優しい紅葉 ]

9:00 稜線直下(2700m)

天狗山荘と鑓ヶ岳への分岐点となる稜線の手前、この先、稜線へ飛びでるときっと風が強くなり猛烈な寒さであろうと、ゴアの合羽上下を着用し足元はアイゼンを着用する。

2903mの鑓ヶ岳山頂まであと僅か、予想通り稜線に出ると冷たい北風が吹き抜け、猛烈な寒さである。
足元の、登山道も雪道や凍りついた道となり慎重に進む、草花の葉も氷漬け状態で完全な冬山を改めて実感する。
また、北の遥か先には日本海が見えるでは・・・・・親不知方面から富山方面であろう。

画像
                         [ 稜線直下の雪 ]

画像
                          [ 稜線からの天狗平方面 ]

画像
                          [ 登山道も石ころも氷漬け ]

画像
                          [ 足元の草も氷漬け ]

10:15 鑓ヶ岳 山頂(2903m)

鑓温泉小屋から鑓ヶ岳の稜線まで、今回山行中もっとも厳しい急登道で、息も絶えだえ必死で登り稜線へ飛び出た瞬間の喜びは一入であった。

稜線直下から約1時間、寒さと風は厳しいが美しい周りの景観に感動しながら鑓ヶ岳山頂に着く。
山頂では、まさに360度の大展望であった。

南に唐松岳、五竜岳、鹿島槍への縦走路が続き、北にはこれから進む、杓子岳の独特な山頂から美しい白馬岳の姿が、西には黒部方面から剱岳が大きな姿を見せていた、

画像
                         [ 鑓ヶ岳からの杓子岳と白馬岳 ]

画像
                           [ 鑓ヶ岳 山頂 ]
10:50 杓子岳 鞍部

鑓ヶ岳から杓子方面を望むと、稜線上の登山道は一旦200mほど下り、そこから上に登り山頂稜線上を進む道と、鞍部から杓子岳の山頂へは向かわずに山腹を巻いて進む道がはっきりと見える。

本日の我々のコースは、山腹を巻いて今夜の宿、村営頂上小屋へ進むこととなる。
杓子岳は、白馬岳ないし鑓ヶ岳から望むと山頂部が平らな斜線に見え一種独特の山容であった。
東側に大きく切れ落ちた東壁は、足が竦むような怖さを感じる山頂であろう。

最低鞍部から後を振り返ると、今しがた下ってきた鑓ヶ岳から独特な山容の杓子岳がくっきりと見えた。

画像
                          [ 二本の登山道が ]

画像
                       [ 大きき切れ落ちた杓子の東壁 ]

画像
                       [ 振り返れば 杓子岳から鑓ヶ岳 ]

12:45 村営 頂上宿舎(2768m)

ここは、先ほどまでの寒さも一段落、風もなく長閑な空間で目の前には白馬岳山頂からのなだらかな斜面には、日本一大きな山小屋で有名な白馬山荘が目の前であった。

白馬岳頂上宿舎からは、先日崩落事故のあった葱平から大雪渓への下山道が見える。
また、宿舎右手には溶岩ドームのような大きな黒い離山があり、その裾を通り抜け 村営頂上宿舎へ到着であった。

白馬岳頂上宿舎は、村営の山小屋でとても綺麗なロッジ風の建物、とりあえず荷物を部屋へ収納、昼食を白馬山荘の展望レストラン 「スカイプラザ白馬」 へ向かう。

処が、展望レストラン 「スカイプラザ白馬」 は残念ながら営業は既に終了しており、白馬山荘の一般レストランでカレーライスの昼食となる。

画像
                           [ 白馬岳山頂と白馬山荘 ]

画像
                     [ 頂上宿舎と溶岩ドームのような離山 ]

14:30 白馬岳 山頂(2932m)

昼食後、直ちに晴天下の白馬岳山頂を目指し、今回山行で最も高い2932mの山頂を極める。

山頂から360度の大展望は、雪倉岳・朝日岳・小蓮華山〜剣岳・立山連峰〜遠く槍ヶ岳・穂高連峰〜杓子岳・鑓ヶ岳への大展望は、流石・・・・・・登った!!! 自然大好き!!!!感動の一時でった。

画像
                       [ 雲海に浮かぶ雪倉岳から朝日岳 ]

画像
                          [ 剱岳から立山連峰 ]

白馬村 村営 頂上宿舎のステーキディナー

本日のメイエベント、展望レストラン 「スカイプラザ白馬」の昼食にありつけず、がっかり、と思いきや白馬村 村営 頂上宿舎の信州牛の 「ステーキディナー」 思いもせず楽しい夕食にありつけ、そのまま安らかな眠りに着く。


画像
                          [ 楽しいステーキディナーでした ]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
初雪の珍しい写真を見せて頂きました。歩くのは大変だったでしょうが、なかなか出会えないシーンでしたね。
白馬山荘のレストラン、そう言えば私達が行った日が最後の営業日だと言っていました。残念でした。
山いろいろ
2008/10/05 12:01
山いろいろ 様 おばんです
早速のコメント有難うございます。
9月のこの時期、雪道を歩けるとはラッキーでした。
貴兄が歩かれた二日目、11時間40分の長丁場の縦走凄い事ではありませんか・・・・お天気に恵まれたと言いえ、山道の37,805歩・・・・体力気力充実せねばとても歩けませんね。
今回こそはと期待した白馬山荘の展望レストラン「スカイプラザ白馬」での昼食、実はこれが二度目ですが前回夏も休業でした。
ほんと・・・・・残念でした。

葦原ボーイ
2008/10/05 21:13
白馬三山の素晴らしい写真を拝見していますと、ますます、三山縦走がしたくなってきますね。
そして、最後にU〜〜ん!素晴らしいステーキディナー\(^o^)/ですね!
noritan
2008/10/05 23:41
noritan 様
夏の白馬三山と初冬のこの時期の白馬三山、印象が全く異なりました。
夏は高山植物一杯、今回は圧倒されるほどの風景でした。
葦原ボーイ
2008/10/06 06:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆ 『 白馬三山 U 』 【平成20年9月27日〜29日】 自然大好き・・・・・還暦からの山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる